Opening Hours: Weekdays 9:00-17:00

(089) 935 6437

  • La・famille

    地域子どものくらし保健室

    地域に住む子どもたちの困りごとや相談ごとなど、子どもたちやご家族の相談窓口となります。        

    相談事業について
  • 相談車プロジェクト

    家族も一緒に出かけよう!

    移動相談カーで愛媛県のあらゆるところにお伺い致します。

    移動相談カーについて

当事業の目的と目標


当事業の目的

地域の中で慢性疾患や難病をもつ子どもとその家族が生き生きと生活するためには、医療と福祉・教育関係・企業等が連携し、よろず相談から医療ケアまで相談ができる難病のこども専門のハブ拠点が必要です。このプロジェクトは、拠点となる『地域子どものくらし保健室』を準備し設置するとともに、コンソーシアムを組み地域の社会資源と連携することを目的としています。

当事業の目標

慢性疾病や難病の子どもとその家族が地域の中で生き生きと生活するために医療と福祉・教育関係企業が連携行い、よろず相談から医療ケアーまで相談ができる難病のこども専門のハブ拠点を作り、包括的ケアーができる仕組みづくりを考えています。また、上記のような疾患を持たれている方だけでなく、地域に住んでいるお子さんを対象として、お子さんに関する様々なご相談を受け付けております。

地域子どものくらし保健室

愛媛大学医学部附属病院、ファミリーハウスあい、ラ・ファミリエジョブサロンに相談拠点(地域子どものくらし保健室)を設置して、子どもさんのことで何か困りごとがあったり、誰かに話を聞いてほしいと思った時に、それを話せる場所を提供しています。ここに相談に来ることによって必ず必要な部門(支援事業所、訪問看護ステーション、医療、行政、教育)と連携できるような地域のセンターを目指し、協力・支援をしていきます。また、事業関係者に対する研修・教育を行い、専門性を高めて質的向上を目指していきます。

移動相談車について

お子さんから離れることが難しい、遠隔地に住んでいるなど、『地域子どものくらし保健室』の開催場所に直接お越しいただくのが難しい方のために、カフェの設備を積んだ移動相談カー「25-25号」がお近くまで走ります!

移動相談車の様子


「25-25号」(にこにこ号)の愛称で愛媛県内を走ります!


このロゴが目印です。


公園を利用しての移動カフェ。

寄付のお願い

正会員・後援会員としてご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

地域子どものくらし保健室

地域の中で慢性疾患や難病をもつ子どもとその家族が生き生きと生活するためには、医療と福祉が連携し、よろず相談から医療的ケアまで相談できる難病の子ども専門のハブ拠点が必要です。「地域子どものくらし保健室」は移動式相談車を通して、様々な機関と連携し、相談業務を行う事を目的をしております。

Contact us

地域子どものくらし保健室ロゴ
〒791-8018 
愛媛県松山市問屋町3-26
Mベース2F
info@cc-sodan.jp
089-916-6035
089-916-6035