Opening Hours: Weekdays 9:00-17:00

(089)916-6035

こどものゆめプロジェクト2018

2018年3月21日(水・祝)、ラ・ファミリエが主催している「こどものゆめプロジェクト2018」に遊びに行って来ました。

子どものいのちと体を守るお仕事体験ができるイベント。

去年も大人気だったようですが、今年もすごい人だかり・・・!

子どもたちが生き生きと体験している姿を見ることができました。

スタンプラリー形式になっていて、コンプリートするとプレゼントがもらえるシステム。

うちの子も張り切ってスタンプを集めに行きました。

▼臨床検査技師さん
顕微鏡体験(血液像をみる)、血液型の判定体験

▼助産師さん
赤ちゃん抱っこ、オムツ交換、着替えなどのお世話体験

▼お医者さん
診察・超音波検査体験

▼看護師さん
血圧測定、聴診、包帯を巻く作業などを体験

▼救急救命士さん
救急車・救命士の仕事体験、AEDの利用方法

お外には、救急車の中を見学できるブースも。

お隣には、相談カーも出動していました♩

聖カタリナ大学短期大学部の保育学生による
手作り体験ブースも大人気!

途中、病院のお仕事紹介や、音楽療法・演奏、バルーンアートなどもあり、子どもたちは大満足。

スタンプを全部集めた人には
地域子どものくらし保健室のオリジナルクリアファイルをプレゼント!

楽しみながら、いのちの大切さにふれることができた
1日でした。

平成29年度小児慢性特定疾病児童等自立支援事業・第三回地域子どものくらし保健室研修会の開催のお知らせ

『平成29年度小児慢性特定疾病児童等自立支援事業 成果報告会・日本財団助成事業 第3回地域子どものくらし保健室研修会』開催のお知らせ

開催を延期しておりました、『平成29年度小児慢性特定疾病児童等自立支援事業 成果報告会』と『日本財団助成事業 第3回地域子どものくらし保健室研修会』を3月11日10時~、愛媛大学医学部 地域医療支援センター1階にて開催いたします。

主に、午前中は、H29年度小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の活動報告。午後は、NPO法人NEXTEP 理事長の島津智之先生と愛媛大学大学院教育学研究科・実践総合センターの信原孝司先生を講師にお迎えして、ご講演をしていただきます。

開催まで日にちが迫っておりますが、ご都合のつく方ご興味のある方、ぜひこの機会にご参加ください。
お申し込みは、FAXまたはメールにて受けつけております。

寄付のお願い

正会員・後援会員としてご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

地域子どものくらし保健室

地域の中で慢性疾患や難病をもつ子どもとその家族が生き生きと生活するためには、医療と福祉が連携し、よろず相談から医療的ケアまで相談できる難病の子ども専門のハブ拠点が必要です。「地域子どものくらし保健室」は移動式相談車を通して、様々な機関と連携し、相談業務を行う事を目的をしております。

Contact us

地域子どものくらし保健室ロゴ
〒791-8018 
愛媛県松山市問屋町3-26
Mベース2F
info@cc-sodan.jp
089-916-6035
089-916-6035